水素水TOP > 効果・効能> ダイエット

水素水でダイエットできるってほんと?

ダイエットや美容に関心の高い女性の間で、話題となっている水素水ダイエット。普通の水と違って水素を含んでいると聞くと、よくわからないけど効果的なのかも…なんて期待させられちゃいますよね。

でも、本当に水素水を飲むだけで、体重を減らすことが可能なのでしょうか?

水素水のダイエット効果

いまだ研究途上ではありますが、さまざまな効果・効能が証明されつつある水素水。その中でもダイエットに効果的と考えられているのが、エネルギーの代謝促進作用です。

はたして水素がどのように、エネルギーの燃焼を促すのでしょうか?

メカニズム

水素水研究の第一人者ともいえる、日本医科大学の太田成男教授によると、肥満マウスのグループに水素水を与えると、与えられない肥満マウスに比べてエネルギーの代謝率が上昇し、体脂肪や中性脂肪が増えないことが実験によって証明されています。

これには、肝臓から分泌されるホルモンが関わっています。水素水を飲むことで「FGF21」と呼ばれるホルモンの量が増加し、エネルギーの代謝量をアップさせる働きをします。これによって、体脂肪の増えにくい身体をつくることが可能であることが明らかされています。

これ以外のダイエット効果 ウソ!ホント?

水素水に関するサイトや広告を覗いてみると、エネルギー代謝促進作用以外にも、さまざまなダイエット効果について言及されています。でも、それって本当なのでしょうか?

トイレの回数が増える?

たしかに水素水には、体内で発生、もしくは外部から取り込まれた活性酸素を、水に還元して体外に排出させる働きをもっています。しかしながら、その働きをもってしても1回分の尿量には、はるかに及ばない程度の量にしかなりません。

えー!!ただ単に、今までより水分摂取量が増えただけ!?

便秘が改善?

水素水自体には、残念ながら便秘解消効果は期待できません。では、なぜそんなサギのようなうたい文句がまかり通っているのでしょうか。

水素水サーバーや生成器では、水道の水を使用して水素水をつくります。水素水をつくる過程で水道水から塩素を抜き去るために、亜硫酸カルシウムと呼ばれる物質が利用されます。これがやがて硫酸イオンに形を変え、水道水に含まれるミネラルと結びついてできるのがサルフェートと呼ばれる成分。

このサルフェートにこそ、医学的にも認められている便秘解消効果があるのです。

また、高いアルカリ性の水素水では、胃腸がデリケートにできている日本人にとっては、お腹を壊しやすくなる点も一因と考えられます。

ホントの効果は、実は棚ボタのようなものだったんですね…

デトックス効果?

水分摂取量が増加してトイレの回数が増え、サルフェートやアルカリ性のチカラでお通じが良くなる…活性酸素を還元して、体外に排出させる効果も明らかなので、デトックスに少なからず寄与していると言えるかもしれません。

でも、これだけじゃあダイエットには効果ないかも…

汗が増える?

水素水を飲むことによって、ヒトの体の細胞中にあるミトコンドリアと呼ばれる器官でつくられるエネルギー(ATP)の産出量が増加することが判っています。

しかし、このエネルギーはそのままでは利用することができず、分解によって形を変えて(ADP)初めて体内で消費することができます。このエネルギー代謝によって体温が上昇することで、発汗が促されるようになるといわれています。

これで運動すればいいんでしょうけどね…

水素水のダイエット効果 関連ページ