水素水TOP > 関連商品> サーバー・生成器

水素水サーバー・生成器

自宅でカンタンに水素水を作れることで人気の水素水生成器(水素水サーバー)。ネット上でも、数多くの製品を目にすることができます。

どうやって水素水は作られるの?

水素水の生成には、3つの方式があります。

電気分解方式

水を電気分解して、水素を発生させます。

バブリング方式

物理的に、水と水素ガスを混ぜ合わせて水素水を作りだします。

化学反応方式

水の中にマグネシウムなどを入れることで、化学反応を起こして水素を発生させます。

水素水サーバーの多くは、この電気分解方式を摂っています。

どんなタイプがあるの?

では、その水素水サーバーのタイプを大きく分けてみると…

・水道直結型
・据え置き型
・ビルトイン方式
・ポータブルタイプ

などに分けることができます。

メリット

良い水をいつでも好きなだけ

自宅で好きなだけ水素水を飲むことができる点が最大のメリットといえます。また、いつでも安定した水素水をつくることができます。

ランニングコスト削減

一度購入してしまえば、ランニングコストを抑えることが可能な点も魅力です。

デメリット

初期コスト

まず挙げられるのはコスト面…本体価格はもちろん、設置に伴う工事費なども考慮しなければなりません。

機械の消耗

また、機械の劣化にともなって、つくられる水素量が減少してしまう点も、高額商品なだけにイタイかも…

価格

買い取りにするか、レンタルにするかで金額は大きく違います。

買い取りの場合

「マジックシェイク」・・・税込30,651円(以下、全て税込)
「H2Oasis」・・・54,000円
「SOMA」・・・98,000円
「ルルドLourdes」・・・159,840円
「アキュエラ・ブルー」・・・306,720円
「ハイブリッドH2サーバーWP-400」・・・429,840円

このように20,000~4000,000円台までと、さまざま…

お高いです…なかなか勇気のいるお買い物です。これがレンタルとなると…

レンタルの場合

「eau!(オー!)」・・・月額7,350円(工事費、初回保証料に20,000~30,000円必要)
「アクアバンク」・・・3,980円(工事費、メンテナンス費込 カートリッジ代のみ)
「からだ想い」・・・6,000円(工事費不要、加入金15,000円と送料が別途必要)

買い取りと比べると一見、とても割安な気がします。でも月額6,000円で、1年で72,000円、3年で216,000円と考えると、やっぱり買い取りの方がお得なのかもしれません。

考察

いちいち水素水を購入しなくても、常に安定した水を飲むことができるという点では、水素水サーバーは優れた商品だといえます。でもいくら高性能でも、所詮は機械。半永久的に能力を発揮し続けることは不可能です。

また、どの価格帯の製品を選んでも、等しく効果を得られるかという点にも?がついてしまいます。

水素水の可能性は広がるばかりですが、いまだ未知数な点も多いのも事実。最初から高額商品に手を出すのは、得策とはいえないかもしれません。

水素水サーバー・生成器 関連ページ