水素風呂

老化や肌トラブルの原因となる活性酸素。その活性酸素を除去してくれるのが水素です。実は飲むだけでなく、お風呂に活用することもできるのです。

カンタンに毎日のバスタイムに取り入れられる水素配合の入浴剤や、水素を発生させる機械などが数多く販売されています。

☆水素乃湯
化粧品の項目でもご紹介した、Auterの入浴剤です。主成分は化粧品同様、水素化Mgを使用、これに加えウンシュウミカン果皮エキスなどの天然由来の成分が配合されています。

☆さくらキヨラビ
2つの薬剤を同時に使うという、今までになかった新しいスタイルがウリのさくらキヨラビ。1回分をお湯に溶かすと、水素水キヨラビ200本分の水素が発生するとHPには書かれています。

☆ナチュレ水素(水素発泡剤)
専用のケースに発泡剤を入れて水素を発生させるタイプです。お湯につけると水素ガスが発生し、6時間も水素の泡が持続するとされています。

☆Mira-H
1.566ppmもの高濃度な水素量を誇る水素マシーン。電気分解方式で水素を発生させています。HPには、思いもよらずダイエットもできてしまったという喜びの声が…

メリット

水素分子はナノレベル。非常に小さいため皮膚への取り込みがスムースで、細胞の隅々まで届けることができます。

活性酸素を撃退

肌表面や皮膚細胞に発生した活性酸素をとり除き、シミやくすみ、シワ、乾燥などに働きかけます。

アトピーや皮膚の炎症を抑える

水素には、抗炎症作用や抗アレルギー作用があるといわれています。

疲労回復

ゆっくりと浸かることで疲れを癒してくれます。

冷え性にも

また、身体を温めることで血管が拡張して代謝もアップ、冷え性改善効果も期待できます。

デメリット

水素風呂による健康や肌へのデメリットはとくにありません。ひとつだけあるとすれば、コストの問題だけです。

価格

その気になるお値段とは?

Auter 水素乃湯・・・5,400円(25g×10包)
さくらキヨラビ・・・18,330円(30回分)
ナチュレ水素・・・3,240円(5袋 ケース代込)
Mira-H・・・198,000円(1台)

健康と美容のためとはいえ、入浴剤にしてはやっぱりお高いですね…ランニングコストを考えると、長い目でみればMira-Hを思い切って購入した方がおトクかも。

考察

こうして見ると、水素を毎日のバスタイムに取り入る人が多いのにもうなずけます。水素のお風呂に入るだけでお肌を磨くことができるなんて、こんなラクなことはありませんよね。

あとはコストの問題だけです。メーカーによっては、初回お試しセットを用意しているところもあります。まずはそちらで効果を体験してみるのもいいかもしれませんね。

水素風呂 関連ページ