水素水TOP > 情報> 上手な飲み方

水素水の上手な飲み方

活性酸素を除去して、美容や健康に大きく寄与するといわれる人気の水素水。副作用もなく、どれだけ飲んでもOKといわれています。でも、せっかく飲むなら、できるだけ効果的に摂りたいところです。

水素の効果をグンとアップさせる飲み方…どんなポイントを押さえればいいのでしょうか。

継続は力なり?

まずは毎日欠かさず飲むことです。効果を実感できるようになるには、毎日の蓄積が大切です。

1日に何回かに分けて飲むなら、起床時、入浴後、就寝前には積極的に摂りたいです。

コスト的にツライから1日1回の飲用をより効果的にしたい!そんな人には、水素が浸透しやすいといわれる、朝目覚めた時がおススメのタイミングです。

効果的なタイミング

水素は、体内に発生した活性酸素を還元する働きをもっているので、活性酸素が大量に発生しやすい状況下での摂取が望ましいです。

活性酸素が発生しやすい時

・ストレスや疲労がたまっている
・睡眠不足が続いている
・紫外線を浴びた後
・運動前・運動中・運動後
・たばこを吸った後

どれだけ飲めばいいの?

水素は、副作用や身体への悪影響などは一切ないため、コスト面さえ気にならなければ、いくらでも飲むことができます。

水素水のサイトでよく目安とされているのが、1日1~1.5L程度。でも、この量は水素水サーバーやスティックをもたない人にはムリ…

しかし、水素水研究の第一人者でもある太田成男教授によれば、1日300~500mlが一般的な摂取量とされています。

冷たいままでOK?

冷たい水を大量に飲むのは、体を冷やす原因に…できるだけ常温で飲むことをおススメします。

水素水でお料理?

煮物やみそ汁などの料理に使うと、水素を効率よく摂取することができるとするサイトを多く見かけます。でも水素は沸騰させると、あっという間に抜けてしまうので、お料理には不向きです。

抜ける前に飲む

水素は分子の小ささのあまり、すぐに空気中に蒸発してしまいます。ペットボトルのように密封性が低いものでは、キャップをしていても水素はどんどん逃げていってしまいます。なるべく密封性の高いパッケージに入った水素を選ぶことが大切です。

また、一度封を開けたらなるべく早く飲みきってしまいましょう。モタモタしてると、せっかくの水素水がただの水に…

水素水の上手な飲み方 関連ページ